ブリアンの最安値はズバリ!公式サイト!!

定期配送の虫歯予防コースなら初回限定大幅割引の約49%OFF。

通常7,800円のところ初回限定3,919円で購入することができます。

しかも・・・
『送料無料』や『60日間返金保証』など7大特典付!

ブリス菌ってなんなの?

ブリアン歯磨き粉って本当にいいの??

お得に試す方法はないの???

そんな気になっている方は、まずは虫歯予防コースでお試しください。

>>ブリアンの公式サイトはこちらから<<

ブリアン歯磨き粉に危険な副作用はあるのか?成分表を見てみました

ブリアン歯磨き粉には危険な成分が入っているのか、副作用はないのかってスゴく気になりますよね。

「BLIS M18」なんてブリアンを知るまで知らなかったし、口コミを見ても胡散臭いと感じたり、嘘なのでは?という気持ちがあって、私自身購入前にいろいろと調べました。

まず、驚いたのがブリアン歯磨き粉の成分。

ブリアンの成分

公式サイトにある成分表の成分はたったこれだけで逆にこれで効果があるの??と思いますよね。

ひとつひとつの成分を簡単に説明していくと

・デキストリン
炭水化物

・エリスリトール
果実や発酵食品に含まれる天然の糖、甘味料

・フルクオリゴ糖
野菜に含まれている糖、砂糖の半分のカロリー

・乳酸菌
BLIS M18

・香料
合成香料

合成香料というのがネックになる人もいるかもしれませんが、1年中同じ味や香りで安全テストをしている合成の方が、アレルギーや副作用の心配がないこともあります。

ブリアンは歯が生え始めた赤ちゃんや妊娠中のママたちでも毎日使えるように作られているので、この香料については安全性を配慮しているので安心です。

また、一般的な歯磨き粉に含まれている下記の成分は使用していません。

ブリアンの成分

これだけ多くの成分を使用しなくても歯磨き粉ができるというのがわかりますが、それ以上に毎日使う子供用の歯磨き粉に大きくの危険な成分が使用されているというのが良くわかりますよね。

ブリアン歯磨き粉の危険性を調べれば調べるほど、子供の用の歯磨き粉を使うことが怖くなります。

とはいっても
・胡散臭い
・嘘じゃないの?
・効かないんじゃないの?

‥など、いろいろな疑問があるかと思いますが、これはブリス菌が日本ではまだまだ知られていない成分だからというのが理由だと思います。

しかし、世界的には特許を取得して口内ケアに活用している国はたくさんあるし、ブリス菌は乳酸菌なので副作用の心配はありません。

ここで気を付けてほしいのが、乳酸菌配合の歯磨きすべてが安全ではないということです。

大人用のもので子供も使えるという歯磨き粉の中には、口内環境や善玉菌、乳酸菌配合の歯磨き粉が話題になったことで、それをポイントにして販売しているものも増えています。

でも、実際に成分を見てみると、普通の歯磨き粉と変わらなかったり、ペースト状になっている時点で「うーん」と考えたくなるものも多々あるのは事実です。

ブリアン歯磨き粉はブリス菌がデリケートでペースト状にできないので粉状です。

ペースト状にすれば腐らないようにしなければいけないし、ペースト状にするだけでも成分が必要になります。

しかも、この粉状は不便なイメージがあるかもしれませんが、口コミを見ていると自分でつけながら歯磨きをするのが子供たちにとっては楽しいのでメリットになっていることがわかります。

ただ、副作用の心配がなくても歯磨き嫌いの子が歯磨き好きになるかは使ってみないとわからないし、続けられるかどうかも子供次第というところがありますよね。

ブリアンはそんなママたちのことも考え、試しやすい60日間返金保証があるのも他の歯磨き粉にはない嬉しいポイントです。

子供の歯磨き粉で使ってはいけない成分は?

歯磨き粉の成分

子供の歯磨き粉とはいっても、市販で販売されているものの多くは大人用と変わらない成分が入っています。

先ほどブリアンに入っていない成分をあげましたが、今子供用歯磨き粉を使っているなら、一度どんな成分が入っているか見てみてください。

その中にこんな成分が入っていたら要注意!

 

・ラウリル硫酸Na(ナトリウム)
市販の歯磨き粉の代表的な合成界面活性剤「ラウリル硫酸Na(ナトリウム)」は発泡剤としても使用されていますが、海外では禁止している国もあります。

今のラウリル硫酸Naは安心・安全だ!という人もいますが、シャンプーなどにも使われている成分を口の中に入れるというだけでなく、口内粘膜からは吸収しやすく、15秒で心臓に届いたり、体内に蓄積しやすい特徴があります。

飲みこまなくても吸収されてしまうので、怖いですよね。

最近、日本人に味覚障害が多いのもこのラウリル硫酸Naが原因だとも言われるので、子供の使うものには避けたい成分のひとつです。

大人でも口内炎ができやすい人は、ラウリル硫酸ナトリウムが使用されていないものを選ぶと改善されることがあります。

子供だけでなく、大人も避けたい成分のひとつです。

・酸化Ti(チタン)
発がん性やアルツハイマー、不妊症の危険性もあると言われています。
日本では食品添加物として食品を着色する目的以外には使ってはいけないと決められています。

食べ物に使っているの?と思うかもしれませんが、歯磨き粉や日焼け止めなどの化粧品に使われる以外にクレヨンとかにも使われています。

怖い!と思うかもしれませんが、大手メーカーの子供用歯磨き粉にも使われていますよ。

・フッ素
日本の歯磨き粉にはフッ素配合のものも多いですよね。
まだまだ歯医者でフッ素塗布をしている人も多いと思いますが、フッ素に関しては賛否両論です。

ただ、不安を感じているなら入っていないものを選んだ方が安心です。

このほかにも、ペーストにするのにも成分が必要だし、研磨剤や保存料、添加物‥など、たくさんの成分が使用されているので『子供用歯磨き粉=安全』というわけではないんです。

子供用なのに?と思うかもしれませんが、食べ物とかでも同じことが言えます。

だから、親がきちんと選んであげないといけないのです。

  • どんな成分が入っているのか
  • どうしてその成分が良くないのか
子供に使うものに対して、まずはきちんと把握すること!

ブリアン歯磨き粉が選ばれているからいいと言うわけではなく、どうして選ばれているかというのも理解しておくと、安心して使うことができます。

→安心!ブリアン歯磨き粉の販売店はこちら

子供が歯磨き粉を飲んだらどんな影響があるのか?

歯磨きでゆすぐ

子供は歯磨き粉を飲みこんでしまう可能性は高いです。

よく「飲みこむことも配慮して作られている」とは言いますが、毎日飲みこんでしまうとしたらどうでしょう。また、チューブごと舐めてしまったり、吐き出すことをしないとしたら??

子供用歯磨き粉の使用方法を見るとゆすぐようにと書いてありますが、ゆすげるとしても歯磨き中にすべて飲みこんでしまったら安全ではないのでは?と不安になりますよね。

でも、飲みこまなくても先ほど話したようにラウリル酸ナトリウムは口内粘膜から吸収され、目の裏や肝臓、子宮などに蓄積します。

若い年代に白内障や味覚障害が多いのはこれらの成分のせいではないかとも言われています。

「うちの子は、毎日チューブを舐めてしまっているけど大丈夫」
「舐めてしまって、うがいもしないけど、子供用だから問題ない」

なんて言っている人もいますが、今ではなく数年・数十年経ったらどうなの?という話です。

実際にフッ素も大量に飲みこむと副作用があることが分かっていますが、そこまで大量に飲むことがないから大丈夫という意見があります。

今後研究が進んで安全とわかれば良いのですが、もっと重篤な問題が起きる可能性だってありますよね。

しかも、高確率の虫歯予防ならまだしも、フッ素配合の歯磨き粉やジェルはそこまで高くはありません。

基本的に口の中に入れるものだから安全というのは間違い。

「苦い」とか「マズイ」と口に入れるのを嫌がる子供の味覚は正確なので、味覚障害になる前に危険な成分入っている子供用歯磨き粉は使うのをやめましょう。

ブリアン歯磨き粉は、唾液を吐き出すだけでOKだし、飲みこんでしまっても問題ありません。

しかし、子供用歯磨き粉すべてがそういうわけではないので、他の歯磨き粉で飲みこんでしまうなら、使わないようにした方が安心です。

先にゆすぎや唾液を吐き出すのを覚えて、完璧にできるようになってから歯磨き粉を使うのも良いかもしれませんが、何度も言いますが『飲みこまなくても口内粘膜から吸収される』ので、安全とは言い切れないのです。

また、食べ物や飲み物から自然にフッ素を取り入れていることがあるので、フッ素配合の歯磨き粉を飲みこんだり、舐めていたら「安全」とは言えませんよね?

歯磨き粉自体は問題ないと思っていても、毎日の生活全体を考えれば100%安全とはいえないので、目には見えない量でしらないうちに下痢や吐き気があったら…と考えると怖いなというのが正直なところです。

フッ素は急性中毒だけでなく、歯に斑点やシミができる慢性中毒やがん、脳機能障害などの危険性もあります。

大人は90%排出されるのですが、子供は骨や歯に40%も蓄積されるので、悪影響を考えれば、子供が飲みこんでも安心できる(…と言ってはおかしいかもしれませんが)歯磨き粉を選びましょう。

 

子供はどうしても飲んでしまいますからね。

使わない選択もありますが、歯磨き粉を使わないと歯磨きを進んでしてくれない!というときは、ブリアンのように日常的に飲んでも問題ないものを選んで、ゆすぎや吐き出し方を教えていく方が安心です。

特にブリアン歯磨き粉の場合は、味付けするだけでなく虫歯菌や歯垢に対して効果が期待できるので、使う方がメリットがあります。

ブリアン歯磨き粉を使った人の評判について

ブリアン歯磨き粉の口コミを見ていると、高評価なのが分かります。

悪い評判はないのか探してみたのですが、気になったことが3つ。

1.効果が目に見えてわからない
歯磨き嫌いが改善されたり、歯垢が溜まらなくなったりというのは目に見えてわかりますが、むし歯にならなくなったかどうかというのは確実なことはわかりません。

2.使いづらい
小さな子どもだけだとこぼしてしまうとか、外出中に使いたい時には小皿やラップなどがなければ、不便に感じるかもしれません。

3.高い
今までの歯磨き粉と価格だけを比較すれば、高いです。

ただ、この3つを理由にして「だから買わない」という人もいません。

実際に歯磨き嫌いや虫歯に悩んでいた人の評判を紹介します。
※口コミ情報は著作権の関係上、内容を変えずにリライトしています

『歯磨き嫌いが改善されました』
歯磨きは頑張っているのですが、嫌がって上手に磨けないので虫歯になってしまいました。
どうにかして歯を磨きたくて、いろいろ調べていたところ見つけたのがブリアンです。半信半疑でしたが、歯磨きに前向きになってしっかり磨けるようになり、定期健診でも褒められて虫歯ゼロを継続しています。粉状だと外出中は使いにくいし、タブレットとかもあったらいいですね。

 

『これからも継続します』
虫歯になりやすいのか、3歳になる前に虫歯になってしまい、ブリアンを購入しました。即効性はないことはわかっていますが、安いものではないので2~3ヶ月使って、子供がしっかり歯磨きをしてくれて虫歯予防ができれば継続しようかな?くらいの気持ちでいたのですが、歯医者さんで褒められました。子供も気に入って、じっくり歯磨きをしてくれているので、定期購入で続けていきます。

 

『イヤイヤ期でもこれは嫌がらない』
イヤイヤ期なせいか歯磨きを嫌がってしまい、悩んでいました。
子供用歯磨き粉の成分には不安があったのですが、飲みこんでしまってもブリアン歯磨き粉なら危険がないし、ゆすがなくてもいいのも良いですね。自分から欲しがるし、歯磨きにストレスを感じなくなりました。

 

『買う価値はあると思います』
正直高いなって思ったけど、実際に使ってみると数日で1袋だし、虫歯も増えていないので使って良かった!虫歯になった時に歯医者に連れて行く労力や毎日の歯磨き戦争のストレスを考えれば、ブリアンを使って虫歯予防ができるならその方が絶対にいいと思います。購入前に胡散臭いなっていろいろ調べたけど、副作用もないし、迷っているならぜひオススメします。

 

『仕上げ磨きが楽になりました』
子供2人も気に入って使っています。
最初はブリアンは嘘くさい(ごめんなさい)と思っていたのですが、泡がじゃましなくなっおかげでキレイに磨けるようになったのか歯垢が気にならなくなりました。今までの歯磨き粉は仕上げ磨きに苦しそうにしていたし、飲みこまないように気を使っていましたが、今は飲んでもいいので、親子そろって歯磨きが楽ちんです。上の子の真似をして、下の子もすんなり歯磨きをしてくれるようになったのもいいですね。

 

『家族で愛用しています』
虫歯予防=フッ素と思っていたけど、あまり良くないとかいろいろ言われていることを知って他に良い虫歯予防はないか調べていたところ、ブリアンを見つけました。イチゴ味が美味しいみたいで、使ってくれないかな?と心配は無用だったようです(笑)歯磨き嫌いの息子が、自分から「する!」と習慣になり、今ではお友達にも勧めています。
他の歯磨き粉に不安感があるので家族そろってブリアンを愛用してしますが、大満足です!

 

『虫歯が増えなくなりました』
下の子はどうしても、上の子と同じようにお菓子を食べてしまうし、歯磨きというか育児が手抜きになってしまうしで、早いうちから虫歯になって落ち込んでいました。歯医者に行くたびに「また!?」ってカンジだったのですが、ブリアンを使い始めてから虫歯が増えていません。味も気に入っていて、子供たちが取り合いするくらい。
乳歯は虫歯にさせてしまったけど、これから永久歯が生えるまでしっかり虫歯予防をして使って行こうと思います。虫歯の治療じゃなく、定期健診だけになってから、歯医者嫌いも改善できて、ブリアンには感謝しています。

 

『ブリアンのサポートは大切!』
一度虫歯が見つかってから歯磨きや生活に気を遣って徹底していたのに、定期健診で虫歯が見つかり、どうしたらいいのか調べていたところ、ブリアンを見つけました。虫歯菌感染は絶対に防げないし、家族だけじゃなくお友達からも感染するので、それならブリス菌のように虫歯菌が悪さしない口内環境を作ることが大切なんだなって実感しています。むし歯予防は目に見えるものではありませんが、定期健診で虫歯がないのが効果がある証拠だと思いますし、乳歯で虫歯になっても、そこから頑張れば永久歯は虫歯ゼロでいられるので続けていきます。

 

『美味しいからお気に入りです』
自分が虫歯になりやすいので、子供の歯には小さな頃から気を使っていたのですが、子供の歯の質も虫歯になりやすいことがわかりました。そのため、歯磨きを始める時からブリアンを使い始め、今のところ虫歯はありません。泡立ちとかがないおかげか磨きやすく、子供も嫌がらず歯磨きも習慣になっています。
自分は歯医者の常連で、虫歯も銀歯も嫌な思いをしたので、子供には同じ思いをしてほしくないと思っています。
私も子供のときに出会いたかったです。

→ブリアン歯磨き粉を試すならこちらから

ブリアン歯磨き粉はいつからいつまで使えばいいの?

ブリアン歯磨き粉は一生使い続けることはありません。

もちろん、大人になっても虫歯になるので一生使い続けても良いのですが、最低限この期間だけは使い続けて欲しい!という期間があります。

それは「感染の窓」前後の期間。

感染の窓というのは、一番母子感染しやすい19か月~31か月の26か月(約2年)ですが、これは乳歯の奥歯が生えてくる期間なので個人差があります。

また、歯の質や生活によっても虫歯になりやすさは変わってくるので、確実な虫歯予防を考えるなら歯が生え始める前から永久歯に生え変わるまで使うと安心です。

歯がないときには虫歯菌に感染しても定着することができないし、歯が生え始めのときには唾液によって虫歯菌は洗い流されますが、口の中に入ってこないというわけではありません。

そのため、早い段階からブリアンを使えば、善玉菌(ブリス菌)のおかげで悪玉菌が悪さできない=虫歯になりにくい口内環境を保つことができます。

歯が生え始めるくらいから口の中を触ると、

  • 口の中を触られることに慣れる
  • 歯磨きがスムーズに始められる
  • 歯や歯茎の異常に気付くことができる

などのメリットがあるので、まずはガーゼやシートを使って習慣にしていきましょう。

気を付けて欲しいのが、2歳半(3歳)くらいまでに虫歯にならなければ虫歯になりにくいとは言われますが100%虫歯にならないというわけではなく、大人になってから虫歯になる人もいます。

これは100%虫歯菌に感染しないわけではないので、ストレスや生活環境が原因で口内環境が悪くなったことで虫歯になってしまうことがあるのです。

この他にも乳歯の生える時期と同じで永久歯が生える時期も、歯の大きさにバラつきがあったりして磨きにくいので虫歯になりやすいですが、イチゴ味の子供用は・・・というときには大人用のミント味のブリアン歯磨き粉もあるので、上手に活用しましょう。

大切なことなのでもういちど言いますね。

●ブリアンを使って欲しい最低限の期間
19か月~31か月くらいまで

●徹底した虫歯予防を期待するのに使って欲しい期間
6ヶ月(乳歯が生え始めるくらい)~永久歯の生え変わりくらいまで

●その他
虫歯予防をしたいなら年齢関係なく予防したい期間継続して使う

 

妊娠中や妊活中から、これから生まれてくる赤ちゃんのことを考えて使うなら、両親共にブリアンを使うだけでなく、定期健診にもきちんと行ってくださいね。

また、自分たちがきちんとしていても周りから虫歯菌は感染するので、その場合でもお子さんもブリアンを使うことをオススメします。

ぶっちゃけ使ってどうだったか?

ブリアン体験談

うちの子がブリアン歯磨き粉を使いはじめた時のお話をします。使い始めたのは、ちょうど虫歯に気をつけたい2歳前!

使用前は歯磨き粉を使っていなかったのですが、歯磨きを嫌がってしまうと思うように磨けなくて。

「感染の窓」の話を聞いていたので、虫歯予防対策を考えてたときにブリアンを知ったのですが、正直最初に口コミを見たときは「嘘じゃないの?」って思いましたね(笑)

ブリアン歯磨き粉が危険ではなく、副作用の心配がない成分だとわかっても、効かないとしたら他の虫歯予防をしっかりした方がいいのかな?とかいろいろ悩んだのですが、私が選んだ理由はこちら!

1.口コミがいい
2.返金保証がある
3.他の歯磨き粉を使うより成分が安心
4.歯磨き嫌いがなおる!?
5.むし歯予防ができる

特に3.4.5はメリットが大きいなと思いました。

まず、使用する前に私が舐めて磨いてみたのですが、歯磨き粉の口に残る感触がなくて驚きました。

今ままでの歯磨き粉のミントのスッキリとは違い、磨けたというか口の中がキレイになった!というカンジで、ミント味でさわやかな感じがしていただけなのだと思ってしまいました。

私自身、口内炎ができやすいのでラウリル硫酸Naが入っていないものとか少しこだわっていますが、ブリアンで子どもと一緒に歯磨きをした後に元に戻ろうとしたら、何とも言えない不味さというか・・・

今までこんなもので歯を磨いていたのか!と二度目の驚き。
(たぶん、使った方なら納得してもらえると思う)

娘にも同じように舐めてもらって「美味しい」と喜んだところで、歯磨きで使うことを教えたんですが、自分でつけるのが好きすぎて仕上げの時間を嫌がってしまったので、我が家はきちんとできた時のご褒美で仕上げにつけてあげることにしました。

自分でつける時にも美味しいからブリス菌を口の中にずっといれていてくれるし、ゆすがなくてもいいというのが飲みこんでも親としては安心です。

おかげで自分できちんと磨くことと、仕上げ磨きの両方ができるようになり、1ヶ月経つ頃には歯磨きを自分からする習慣になっていることに三度目の驚きでした。

むし歯予防ができているかは短期間ではわからないことですが、今まで気になっていた歯垢がキレイにとれいてて、ツルツルなので、これをしっかり続ければ虫歯ゼロを目指せるかな?と手ごたえを感じてます。

これはブリス菌のおかげもありますが、歯磨きを嫌がらなくなったことが一番の理由かな?と思ってます。

うちは1ヶ月1箱は使い切らないのですが、定期購入を続けてたまったら休止・再開を活用すればお得な価格のまま購入できるのも嬉しいですね。

60日間返金保証があるから、歯磨き嫌いな子でも焦らずにゆっくり試してみてから結論を出していいと思います。

うちの場合、歯磨き粉が初めてなのと歯磨き嫌いだったので、舐めるところから始まり、自分で磨いて、最終的に仕上げ磨き用と工夫をして一番きちんと磨ける方法を考えていったので、時間がかかりました。

同じように時間がかかる子もいると思うので、効果も含め定期購入で向き合うことをオススメします。

→キャンペーン中!お得にブリアンを購入するならこちら

ブリアン歯磨き粉を購入前に知っておきたいこと

ブリアン歯磨き粉をこれから購入しようと思っている人に絶対知っておいて欲しいことがあります!これを知っているかどうかだけでも、購入でかなり差が出てくると思うので。

まずひとつめ。
『通常購入よりも定期購入をオススメします!』

定期購入は、お得な購入方法のひとつとして知られていますよね。

毎日使う・リピする人にとっては、通常購入するよりも断然お得になるわけですが、ブリアンの場合は

通常購入7,800円+税 ⇒ 定期初回購入3,919円+税

約49%OFF、半額に近い価格で購入することができます。

しかも2ヶ月めは4,980円、それ以降は4,482円で送料無料になるので、ぶっちゃけてしまうと通常購入で1回買うのと定期配送の虫歯予防コースで2ヶ月購入するのと同じくらいになるのです。

定期購入の場合は申込条件が最低2回なのですが、通常購入の場合は送料も必要だしほぼ同じ金額になるのであれば2ヶ月試してから結果を出す方がオトクです!

定期購入って、注文しなくても届くというメリットがありますが、それ以外に注文が殺到してもその分は確保されているから遅れることがないというメリットがあります。

毎日使う歯磨き粉だから、注文が殺到して数か月届かないとなったら不便ですよね?

休止や再開も自由だし、1ヶ月では効果もわかりにくいので「きちんと使おう」と思うなら、迷わず定期購入を選びましょう。

そしてふたつめ。
『60日間返金保証』

ブリアン歯磨き粉は危険じゃない?副作用は?と心配されている人が多いと思いますが、そのほかにも効かないんじゃないの?という人もいますよね。

でも、それだけではなく、

  • 子どもがどうしても使ってくれない
  • 合わない

など、子供が嫌がってしまって継続するのが難しいことがあります。

そんな時には2箱目を開封する前など条件はありますが、それを守れば返金できるので60日間返金保証を利用しましょう。

ブリアンの返金保証

正直、親や兄弟など家族から虫歯菌は感染するので、2箱で通常購入1箱分と考えれば、返金せずに2ヶ月購入したら解約して家族が使っても良いのかな?とも思います。

また、歯磨き嫌いの子はすぐに結果を出さずに、きちんと向き合ってから返金保証を使うか決めた方がいいです。

1週間とか10日ではわかりませんが、1ヶ月もあれば継続するかどうか判断しやすいですよね。

子供用だからこその不安も解消してくれる返金保証がついているのは、使う子どもや親のことを考えている世界初のブリス菌配合のブリアン歯磨き粉だからこそ!と言えますね。

まとめ

ブリアン歯磨き粉について、危険じゃないの?とか副作用があるのでは?なんて心配されたり、口コミが良すぎて嘘なのでは?とか効かないのでは?なんて疑っている人も多いと思います。

世界初の子供用歯磨き粉だということやブリス菌の知名度が日本ではないこと。

それから、やっぱり市販の子供用歯磨き粉の価格が当たり前だと思っていると、ブリアンの価格も「高い」と感じるものですが、最近は口にするもの以外にシャンプーや石鹸など「体に使うもの」の成分を気にする人も増えています。

でも、歯磨き粉も口の中に毎日入れるし、子供は特に飲みこんだりしてしまうので気をつけなければいけません。

だから、ブリアンの成分を気にする人が多いのもわかるのですが、まずは今使っているものをチェックしてもらうと、逆にどれだけブリアンが安全性に配慮しているのかがわかります。

口コミだけでなく、実際に自分が子どもに使うようになってから、より他のものの成分も見るようになったし、「子供用=安全」という考えもなくなりました。

虫歯予防は一生必要かもしれませんが、子供の短い期間にきちんとしておくだけで口内環境が良い状態を保てるので虫歯になるリスクを下げることができます。

ブリアン歯磨き粉は危険どころか、善玉菌を取り入れて悪玉菌をおとなしくさせてくれる強い味方です。

ただ、口の中に入れるだけではなく、歯磨き(ブラッシング)や生活も大切ですが、小さな頃から歯磨きをしっかりする習慣をつければ、大人になって歯磨き嫌いになることはありません。

また、定期健診に行くことで、より虫歯予防を徹底できるので、ブリアンと定期健診で効率良く口内ケアを心がけましょう。

口コミを見て、購入を迷っている方は定期購入にして継続して使ってみること!

60日間返金保証もあるので、お試し感覚でまずは初めてみるのもアリです。

今日本で勧められているフッ素塗布などの虫歯予防効果率は実際低いので、虫歯になってしまってから反省するより、親の役目として早めにしっかり予防&サポートしていきましょう。

→ママが選ぶ歯磨き粉!ブリアン歯磨き粉販売サイトへ